龍魂会とは

1

『龍魂会』は流派、団体ではありません。

空手をはじめ合気道、居合、剣術、柔術、中国拳法、各種古武道、さらには現代的な護身術、武器術を含め、武道、武術を総合的に研究する会として発足いたしました。会には様々な先生、道場や流派、団体などに参加して頂きたいと思います。お互いの理念や技術を交流していく場を提供するのがこの会の目的です。

2

『龍魂会』は試合を設定しません。

これは自らが主催する大会を行わないという事です。試合は武道、武術におけるひとつの要素であり、全てではありません。ただ、会員の中から各種試合に出場してみたいという要望がある場合は全面的にサポートします。もっとも、試合に出ることによるメリット、デメリットを自覚した上で挑んでいただく事になると思います。

3

『龍魂会』の母体。

『ドラゴンメディア』(ウェブ)『ドラゴン魂』(出版)『ドラゴンフィルム』(映像)という異なるメディアが三位一体になった『メディアミックス』の現場から派生した会です。今後は単なる情報発信ではなく、『龍魂会』によって得た実践と実験を踏まえた上でのリアルなコンテンツを発信していくことができると信じています。 『龍魂会』の主な活動場所は東京・杉並区阿佐ヶ谷の『オルタナスタジオ』です。

4

『龍魂会』の具体的な活動

当面は『オルタナスタジオ』において週2回から3回の定例稽古があります。 会の意向に賛同していただいた竹山晴友館長主宰の『竹山道場』が毎週土曜日。その他の日は川保天骨の指導になります。「オルタナスタジオ」が空いている時は自主練習のために開放いたします。使う際はサイト上のスケジュールを確認してください。 今後は会が主催するセミナーや合宿、旅行、懇親会なども企画していこうと思っています。

5

最後に

武術、武道の稽古は辛くて厳しいものです。これは確かです。しかし、そこにこそ人間として生きる事の煌(きらめ)きがあることも確かです。皆さんの人生がより強く、柔軟性に富み、心身共に充実していく最良の道は『武の道』だと私は信じて疑いません。 一緒に新しい世界への扉を開きましょう!